ホーム>月経痛(月経困難症)
コンテンツ

月経痛(月経困難症)

月経痛(月経困難症)とは

 月経期間中に月経に随伴して起こる下腹部痛や腰痛などの症状が出て、

仕事や学業など日常生活に支障をきたすことを指します。

例えば、生理がくると

「痛みがひどく、横になってないと耐えられない」

「辛くて学校や会社にいけない」

などといった重い症状が月経困難症の特徴です。

痛み以外にも吐き気や食欲不振、下痢、頭痛などの症状が同時に訴える事も多く、

月経困難症の女性にとって月経の期間はとても辛いものになります。

 

 

月経困難症は大きく2つに分けられます。

 

機能性月経困難症

 骨盤内に器質的な原因がないのに月経困難症を引き起こすものです。

分泌期から月経期にかけて、子宮内膜で産生されたプロスタグランジンというホルモンが

過剰産生され、全身の平滑筋を収縮させて嘔吐などを引き起こすほか、

局所においては子宮筋を過剰に収縮させることによって痛みが起こると言われています。

 

器質性月経困難症

 子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸管狭窄、骨盤内の炎症や癒着、子宮奇形、子宮位置異常など

骨盤内に器質的な原因があり、これにより月経困難症をきたすものです。

 

 上記の2種類の月経困難症のうち、鍼灸治療の対象になるのは「機能性月経困難症」です。

「器質性月経困難症」の方でも病気そのものを治療しながら月経痛やその他の不快感を和らげることは可能です。

 

 

月経痛と東洋医学

 東洋医学では月経痛を「痛経」、あるいは「経行腹痛」といい、

月経に伴う下腹部痛や腰痛のことを指します。

根本的な原因は「不通則痛」(通ぜざれば則ち痛む)

つまり「気」・「血」・「水」の過不足や停滞により全ての運行が円滑に行われず、

痛みや身体の不調が現れます。

 

痛経には体質により3つに分けられ、主に次の症状が現れます。

 

肝鬱タイプ

ストレスなどが原因

・腹部を圧迫すると痛みがある

・月経がスムーズに来ない

・月経血にレバーのような血の塊がある

・胸が張って痛む

 

寒湿タイプ

生ものや冷たい飲食物の摂取や体を冷やすことが原因

・経血量が少ない

・腰から下が冷える

・刺すような痛み(温めると軽減)

 

肝腎虚損タイプ

虚弱体質、疲れやすいなどが原因

・腹部を圧迫すると痛みが軽減

・眩暈、耳鳴りがある

・顔面蒼白

・腰背部がだる痛い

 

 

 月経困難症の治療では、鍼や灸を使い全身の「気」・「血」・「水」の調整を目的として行います。

それと並行して各経絡のバランスを整える施術をしていきます。

 

ページ上部へ